天使になったジャック

天使になったジャック

1月27日23時 ジャクが亡くなりました。
24日夜のゴハンをまったく食べず少し咳き込んでいました。 翌日も食欲旺盛なジャックがまったくゴハンを食べなかったので病院へ連れて行きました。 診察の結果感染症にかかっている事が判明し即入院する事になりました。
今まで何度か入院し頑張り退院してきたジャックです。今度もなんとか元気を取り戻し退院出来ることを願っていました。
27日の23時に亡くなったと病院から連絡がありました。 突然の知らせに涙が止まりませんでした。
ジャックと過ごした日々を思い起こすと、いつも海岸で元気に生活していたジャック 昨年10月20日に交通事故遭って頭を強打し発見した時はクルクルと旋回して、体の震えがおさまらずニャーニャーと泣いていました。
直ぐに抱きかかえて病院へ直行 集中治療室で治療を受け峠を越えましたが事故により視力を失ってしまいました。
退院してシェルターで生活する事になり始めは視力を失ったため戸惑っていましたが、日に日にたくましくなってきました。
ゴハンは自分で食べられず少しづつ日に数回に分けで手にとって食べさせていました。 その後自分でクンクンと食器に顔を近づけて食べることが出来るようになり、自動給水機からお水を飲むこともできる様になりました、また日光があたる窓側が暖かい事がわかりよく日向ぼっこをしていました。 シェルターのねこたちもジャックを心配して見守ってくれていました、特にユウちゃんはジャックに寄り添って顔をなめたり面倒をよく見てくれました。 12月下旬に体調を崩し腎不全と循環器不全 脱水症状も激しく再入院となりましたが、ジャックは懸命に小さな体で頑張り退院することが出来ました。

日常生活は目が不自由なので朝体がフンまみれになる事が時々あり、シャワーで洗ってドライヤーで乾かして上げると気持ち良さそうにしていた事を思い出します。 いつも食欲旺盛でゴハンをモリモリとおいしそうに食べていたジャック 時々夜になると悲しそうに泣いていた時は、おもいっきり抱きしめていっしょに寝ていたものです。 ジャックが天国に行き悲しく落ち込んでいますが、たくさんの方から励まされました。 そしてジャックは私のそばでずっと見守っていてくれると思います。
一匹でも多くのねこたちが幸せに暮らせるようまだまだ頑張らなければなりません、ジャックを応援して下さった皆様今までありがとうございました。 ジャックは天使になりました。
DSCF3407.jpg
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

dream Cat

Author:dream Cat
房総半島(館山市)で、NPO法人ドリームキャットを立ち上げ地域猫の保護活動をしています。皆様の暖かいご理解をお願いいたします。 また里親さがしをしています、猫を可愛がって下さる方のご連絡をお待ちしています。
連絡 電話0470-27-7130

ホ-ムペ-ジ

NPO法人 ドリ-ムキャット

ご支援・ご協力のお願い
最新記事
最新コメント
関連リンク集
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
ドリームキャットにメールを送信する

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
アクセスカウンタ-