フーちゃん退院

2月3日 フーちゃん退院
海岸で生活しているフーちゃん(メス 5才)は釣り針が付いたお魚を食べてしまったため お腹を切開する事になり、1月28日に入院していました。釣り針は胃から飛び出していて肝臓につきささっていたため手術中は大量出血し、一時は非常に危険な状態でしたが、フーちゃんは頑張り奇跡的に助かりました。
2月3日にはその後の経過も良く退院する事ができまた。 シェルターに戻って養生しています、飲み薬は1日2日 傷口の消毒は1日2回です。
病院の先生からいつも食べるエサの量の6割と栄養補助食品(液状)を与えるように言われました。 2月9日には抜糸に行きました。

完治するまでもう少し時間がかかります。 シェルターで見守りたいと思います。 暖かくなり仲間のいる海岸に帰れる事を願っています。 

退院したフーちゃん
DSCF5773.jpg
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Dream Cat

Author:Dream Cat
房総半島(館山市)で、NPO法人ドリームキャットを立ち上げ地域の住民(自治会)行政の三者により地域猫活動をしています。 この活動により飼い主のいない猫の数は減少しています。  また里親さがしをしています。新しい家族と幸せになってもらいたいと願っています。
電話:0470-27-7130

ホ-ムペ-ジ

NPO法人 ドリ-ムキャット

ご支援・ご協力のお願い
最新記事
最新コメント
関連リンク集
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
ドリームキャットにメールを送信する

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
アクセスカウンタ-